EA自動売買ソフトが無料で使い放題!GEMFOREX(ゲムフォレックス)!
新規口座開設ボーナスや入金ボーナスも満載!
GEMFOREX

無料EAのGEMFOREX口座|チャートの形を分析して…。

海外FX口座開設ランキング

デイトレードというものは、スキャルピングの売り買いするタイミングをある程度長くしたもので、実際には数時間から1日以内に決済してしまうトレードのことです。
FX取引において、最も一般的な取引スタイルだと指摘されているのが「デイトレード」になります。その日その日で得られる利益を営々と押さえるというのが、この取引法なのです。
システムトレードにおいては、EA(自動売買プログラム)によってテクニカルポイントに差し掛かった時に、システムが確実に売買をしてくれるのです。とは言っても、自動売買プログラムに関しましては投資を行なう人がセレクトしなければなりません。
為替の動きを予想する時に不可欠なのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より大切だと指摘されているのは「チャートから将来の為替の動きを類推する」テクニカル分析の方になります。
「デモトレードをいくらやろうとも、実際のお金で痛い目に遭うわけではないので、内面的な経験を積むことが困難だ!」、「本物のお金で売買をやってこそ、初めて経験を積むことができるわけだ!」と言われる方も多いです。

チャートの形を分析して、いつ「売り・買い」すべきかの判定をすることをテクニカル分析と呼ぶわけですが、これさえできるようになったら、「売り買い」するベストタイミングも自然とわかってくるはずです。
相場の傾向も読み取ることができない状態での短期取引では、リスク管理も不可能です。いずれにしても一定レベル以上の経験が無ければ問題外ですから、ビギナーにはスキャルピングはハードルが高すぎます。
スイングトレードというのは、売買する当日のトレンドが結果を決定づける短期売買と比べてみましても、「これまで相場が如何なる値動きを見せてきたか?」といった分析が肝になるトレード法だと考えます。
買いと売りの2つのポジションを一緒に保持すると、円安・円高のどっちに動いても収益をあげることができるというわけですが、リスク管理という面では2倍気配りをする必要があると言えます。
同じ1円の変動でありましても、レバレッジ1倍でしたら1万円の損益ということになりますが、10倍の時は10万円の損益ということになります。すなわち「レバレッジが高くなるにつれリスクも高まる」わけです。

FXに関しましては、「外貨を売る」という状態から取引を始めることもあるのですが、このように外貨を保有することなく「外貨を売った状態」のことも、「ポジションを持っている」となるわけです。
システムトレードの一番の利点は、時として障害になる感情をオミットできる点だと思います。裁量トレードを行なう時は、必ず自分の感情がトレード中に入るはずです。
収益を得る為には、為替レートが注文した時のレートよりも有利な方に振れるまで待つしかないのです。この状態を「ポジションを保有する」という言い方をします。
スキャルピングという売買法は、どちらかと言えばイメージしやすい中期~長期の世の中の動きなどは度外視し、拮抗した勝負を直感的に、かつ間断なく続けるというようなものだと思っています。
レバレッジと呼ばれるものは、FXを行なう中で当然のように活用されるシステムだとされますが、投下できる資金以上の売買が行なえますから、少額の証拠金ですごい利益を生み出すことも不可能ではないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする