2019年10月02日一覧

NO IMAGE

「売り・買い」については…。

各FX会社は仮想通貨を使ったデモトレード(仮想トレード)環境を準備してくれています。一銭もお金を使わずにトレード練習(デモトレード)が可能となっているので、取り敢えずやってみるといいでしょう。FX会社に入金される収益はスプレッドを設定しているからなのですが、例を挙げればNZドルと日本円の売買をする場合、FX会社はユーザーに向けて、その通貨の売りと買いの為替レートを適用します。FXに取り組む上で、日本国以外の通貨を日本円で買いますと、金利差によるスワップポイントが貰えることになりますが、高金利の通貨で低い通貨を買うといった時は、まったく逆でスワップポイントを払う必要が出てきます。システムトレードというものは、人の心情であるとか判断が入り込まないようにする.......

NO IMAGE

スキャルピングの進め方は三者三様ですが…。

スイングトレードの場合は、いくら短期だとしても3~4日、長い時は何カ月にも亘るという戦略になるので、毎日流れるニュースなどを参照しながら、数日から数ヶ月タームの世界的な経済情勢を類推し資金投入できます。テクニカル分析を行なう場合、やり方としましては大きく括るとふた通りあると言えます。チャートに示された内容を「人間が自分で分析する」というものと、「パソコンが自動で分析する」というものになります。買う時と売る時の価格に差をつけるスプレッドは、FX会社は言うまでもなく銀行においても異なる名称で存在しているのです。しかも驚くでしょうが、その手数料がなんとFX会社の190~200倍というところが相当見受けられます。「仕事上、毎日チャートを覗くなんていうことは不可.......